<スポンサードリンク>

2011年03月27日

紅茶にはいろいろな種類があります

紅茶の種類についてまとめてみました。紅茶の基礎知識についても触れています。
紅茶とは、つばき科の常緑樹、チャの葉を発酵、乾燥させて作られるものです。
紅茶は茶葉で出すものだけでなく、ティーバックで手軽に飲むことができるものもあるため、普段から楽しんでいる人も多いことでしょう。
紅茶と一括りに呼んでいますが、紅茶にはいろいろな種類があります。
紅茶は葉のサイズによって等級(グレード)分けされています。
これは葉のサイズによって分類されているだけなので、味や香りの評価、基準になるものではありません。
同じチャの葉で発酵を行わないものは緑茶になり、半発酵の状態のものはウーロン茶になります。
紅茶の主な産地には、インドやスリランカ、アフリカ、中国などがあり、最も紅茶の生産量が多いのはインドです。
世界で一番多く紅茶を生産している国はインドです。
紅茶の種類についてインドで作られている紅茶には、ダージリン、アッサム、ニルギリなどがあります。



<スポンサードリンク>



・・・・
posted by TEAKINDS at 07:07| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

<スポンサードリンク>

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。