<スポンサードリンク>

2011年03月27日

紅茶にはいろいろな種類があります

紅茶の種類についてまとめてみました。紅茶の基礎知識についても触れています。
紅茶とは、つばき科の常緑樹、チャの葉を発酵、乾燥させて作られるものです。
紅茶は茶葉で出すものだけでなく、ティーバックで手軽に飲むことができるものもあるため、普段から楽しんでいる人も多いことでしょう。
紅茶と一括りに呼んでいますが、紅茶にはいろいろな種類があります。
紅茶は葉のサイズによって等級(グレード)分けされています。
これは葉のサイズによって分類されているだけなので、味や香りの評価、基準になるものではありません。
同じチャの葉で発酵を行わないものは緑茶になり、半発酵の状態のものはウーロン茶になります。
紅茶の主な産地には、インドやスリランカ、アフリカ、中国などがあり、最も紅茶の生産量が多いのはインドです。
世界で一番多く紅茶を生産している国はインドです。
紅茶の種類についてインドで作られている紅茶には、ダージリン、アッサム、ニルギリなどがあります。



<スポンサードリンク>



・・・・
posted by TEAKINDS at 07:07| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

紅茶の種類についていろいろ

紅茶の種類について、のつづきです。
紅茶は大きく3つのジャンルに分けることができます。
その3つは、クラッシックティー、ブレンドティー、フレーバーティーで次のように分類されています。
紅茶の種類についてダージリンやウバ、アッサムなど、紅茶が採れた産地の名前が付けられているものはクラッシックティーというジャンルに分類されます。
スリランカで作られている紅茶は、ウバ、ディンブラ、ヌワラエリア、キャンディ、ルフナがあります。
その他、中国で作られるものにはキーマン、インドネシアで作られる紅茶にはジャワやスマトラというものがあります。


これ買ってみました。オススメです。クリックすると画像が大きくなります。




紅茶の種類についていろいろとある紅茶の中でも、インドのダージリン、スリランカのウバ、中国のキーマンは世界の3大紅茶といわれ世界中で広く飲まれています。
茶葉の大きさによって抽出にかかる時間が異なるため、紅茶をおいしく入れるためには茶葉のグレードが揃っているということも大切になります。
また、前節でも少し触れましたが紅茶のグレードには、
オレンジペコー(OP)
ブロークン・オレンジペコー(BOP)
ブロークン・オレンジペコー・ファニングス(BOPF)
ダスト(D)
ペコー・ファニングス(PF)などがあります。


<スポンサードリンク>






・・・・
posted by TEAKINDS at 07:04| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

紅茶の種類・・・フレーバリーティー

紅茶の種類について同じ産地で収穫された茶葉のみの紅茶を指すもので、他の産地の茶葉が混ざっているものとは区別されます。
複数の産地の紅茶葉をブレンドして作られたものをブレンドティーといいます。
また、紅茶には何も足さないストレートの他に、フルーツの味や香りをプラスしたフレーバリーティーもあります。
紅茶の種類についてフレーバリーティーの中で最も有名なものはアールグレイで、ベルガモット(柑橘系)の香りがする紅茶です。
複数の紅茶葉を使っていても、同じ産地の茶葉だけが入っているものはブレンドティーには分類されません。
紅茶の種類についてフレーバーティーとは、人工的に着香された紅茶のことで、有名なものにはアールグレイがあります。
その他、木苺の香りのフランボワーズやりんごの香りのアップル、バニラの香りのグランボアシェリ・バニラなどもあります。
いろいろな香りの紅茶はミルクなどを入れずにストレートで飲むほうが、より紅茶のおいしさを楽しむことができます。


・・・・
posted by TEAKINDS at 07:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

<スポンサードリンク>

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。